みやぎの副部長の生活

アラフォーの父です。宮城での生活や子育て、最近始めた家作り、サウナ、アクアリウムについて書いていきます。

【断熱性能と気密性】家作り「まずはUA値、C値から」

『一戸建てが欲しい』と思ったら、、、

 

「SU○MOで検索!」

 

でも良いんですが、これからの家作りを考えた場合、まず知っておいた方が良い言葉があります。

(以下、私が家作りをしていく過程で勉強したことですので、間違いがございましたら、ご指摘いただけますと幸いです。)

 

  1. UA
  2. C値

です。

 

UA値(ユーエー値)

 UA値は外皮平均熱貫流と言われるもので、家の中から家の外へ逃げていく熱量を外皮面積で割って求めた数値です。

 

 外皮平均熱貫流率:UA値(w/m2k)= 熱損失量(w/k)÷ 外皮面積(m2)

 

で求められます。

つまり、住宅の外皮(壁、床、窓、天井)からどれくらい熱が逃げていくかという数値になります。

UA値が低いほど、家の中の熱が外へ逃げにくくなります。

UA値が低いほど、断熱性能が高い”ということになり、冷房や暖房の効きが良く、光熱費が抑えることができます。

 家の断熱性能(UA値)に影響を与える要因としては

 

・断熱材の種類、量(厚さ)

・窓の大きさ、数、種類(シングル、ペア、トリプル)

・窓サッシの材質(アルミ、アルミ樹脂複合、樹脂、木製 [一般にこの順で断熱性能が上がります])

 

などがあります。

 

C値(シー値)

 C値は「相当隙間面積」です。換気装置を塞いだ状態で、家にどの程度の隙間があるのかを専用の機械で測定します。

そして、測定された隙間面積(cm2)を住宅の延べ床面積(m2)で割って、C値を求めます。

 

 相当隙間面積:C値(cm2/m2)=隙間面積(cm2)÷ 延べ床面積(m2)

 

延べ床面積が40坪 (132m2)の家の場合、

C値:3の場合、隙間面積は396 cm2となります。

(おおよそ400cm2とすると、50 cm × 8 cmの隙間が家にあることになります。)

C値:0.3の場合、隙間面積は39.6 cm2となります。

 (おおよそ40cm2とすると、5 cm × 8 cm の隙間が家にあることになります。)

 

年賀はがきが14.8 cm × 10 cmなので、C値:0.3だと40坪の家全体としても隙間はハガキ1枚以下の隙間しかないということになります。 

 

隙間面積がなぜ重要かというと、どんなに断熱性能が高くても隙間だらけでは、隙間から冬は寒い空気が入ってきますし、夏は暑い空気が入ってきて、結局、室内が快適にはなりません。もしくは、冷暖房効率が悪くなってしまいます。

 

C値は完成後にしかわからない

 

注意しなければならないこととして、

UA値が計算で求められるのに対して、C値は家が完成した後に測定しなければわかりません。

そのため、設計の時点で、「C値はいくらになりますか?」と聞いてもわからないのです。

ハウスメーカーに聞く場合には「建てた家のC値はおおよそどの程度になっていますか?」と聞くと良いと思います。

 

*1: ハウスメーカーによっては、気密測定していない会社があります。

そういったハウスメーカーは気密性を確保することに熱心ではないということです。(数字を出してしまうと、気密性が悪いことがわかってしまうので、測定しないのだと思います。C値を知らない営業担当の方もいました。)

 C値を測定しないハウスメーカーがあるのには、国の住宅性能を定めた基準にC値が含まれていないからだと思っています。

*2: C値は、その定義上、「延べ床面積」で割ることで求められます。そのため、延べ床面積が大きいほど低くなり、また「大きな吹き抜けがある」などで延べ床面積が小さくなると、”見かけ上”のC値は大きくなってしまう性質があります。

 

断熱性能と同じくらいに気密性能は重要

 

せっかく家を建てるのなら、冬は暖かく、夏は涼しい、快適な家を建てたいと思う人は多いと思います。

 

そういう住まいを実現するためには、断熱性能、気密性は非常に重要だと思います。

 

住宅展示場へ行く前に、UA値、C値について知っておくと、営業担当の方からの説明も理解しやすく、またハウスメーカーの比較材料としても有効なのではないかと思います。